Information(インフォメーション)

無料太陽光発電診断
平塚市 ・藤沢市 ・茅ヶ崎市 ・大和市・海老名市 ・座間市 ・綾瀬市 ・寒川町・大磯町 ・二宮町 ・小田原市 ・秦野市 ・厚木市 ・伊勢原市・南足柄市 ・中井町・大井町 ・松田町 ・山北町 ・開成町・箱根町 ・真鶴町 ・湯河原町 ・愛川町

こちらのページでは、太陽光関連のニュースや、神奈中商事の取り組みなどをご紹介していきます。

神奈中商事本社 太陽光発電

株式会社神奈中商事 本社倉庫棟・作業棟の屋上には、 ソーラーパネル(太陽光発電システム)が設置されています(設置年月:2013年3月)
《本社倉庫棟》 本社太陽光発電システム(46.6kW)


本社太陽光発電写真 このシステムで、年間 43,138kWh の発電量を見込んでいます。

産業道路に面した角には、サインを掲出しています。

さらに時間ごとの発電量と、その日の発電量も表示されるようになっています。
本社太陽光発電写真 管理用のパソコンでは、このほかに「蛍光灯○本分」「パソコン○台分」といった表示や 石油による発電と比較した場合のCO2削減量や相当する森林面積などの情報を見ることもできます。

神奈中商事では、家庭用の太陽光発電システムだけでなく、売電制度を利用した業務用のシステム設置・施工も承っております。
訪問・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。


神奈中商事 京セラソーラー FC平塚


このページのTOPへ

太陽光発電と CO2

エコロジー 様々なニュースなどでも取り上げられているように、
太陽光発電は、石油・石炭・天然ガスなどの「化石燃料」を使用した発電に比べ、 発電時の CO2 排出量がとても少ない発電方法です。

太陽光発電をすることによって、発電した電気を自分で使う/売るに関わらず、 間接的に CO2 の削減や地球温暖化の防止に役立っているのです。


神奈中商事本社太陽光発電(年間 43,138kWh)の貢献度を見てみましょう。

●石油利用の発電との比較

太陽光発電の代わりに石油を使って同じだけ電気を作り出すには、
9,792 L もの石油が必要です!

●削減できる CO2

国内電力会社の平均電源 CO2 排出量から、太陽光発電システムの CO2 排出量を引いて計算しすると、
13,567kgの CO2 排出量を削減できることになります!

● CO2 削減効果を森林面積に換算すると?

森林面積換算値は、なんとテニスコート14.6面分!
約37,988m2もの広さになるのです。

詳細な計算方法は、京セラ株式会社 発電電力量の解説 をご覧ください

このページのTOPへ

本社太陽光発電の設備は、一般家庭12軒分

一般家庭12軒

●一般家庭の電力消費量

2010年度の統計によれば、一世帯あたりの月の電力消費量は 302.2kWh。つまり年間で3,626.4kWhです。  ※電気通信事業連合会調べ 電力会社9社平均値)
割り算(43,138kWh ÷ 3,626.4kWh)をしてみると、「11.9」となります。

●一般家庭の設置容量の目安

神奈中商事本社の「46.6kWh」システムで、約12軒となりますので、 一般家庭の設置目安は「3kW から 5kW」となります。

もちろん、設置条件などによっても最適なシステムは異なります。


「我が家の屋根にはどれくらいのシステムが設置できるの?」
「何kWのシステムがいいの?」など、
疑問やご相談はお気軽にお問い合わせください。


神奈中商事 京セラソーラー FC平塚


このページのTOPへ
リンク サイトマップ プライバシーポリシー
(C) KANACHUSHOJI Co., Ltd. All Rights Reserved.